カラーリング(髪色)のいろいろ

アリスバイアフロートのソエタです。

よくカラーリングで『赤くない感じ』とオーダーをうける事が多いのですが

日本人の髪はもともと赤みを多く含んでいる為、ベースの明るさが暗い状態での

赤みを消すカラーだと、ご希望の明るさよりも仕上がりが暗いイメージになったり

くすんだ仕上がりになってしまうことがあります。

色味の前に大事なのは今の髪の明るさがどの程度の明るさなのか??

髪質により様々ですが、7トーンだと栗色を一番感じやすい。10トーンだとカッパーを感じやすい。
13トーン、オレンジ。16トーン、イエロー…といったように。

時には、なりたい髪色になるために、一度いらない赤みを抜いてからカラーすることも必要です。

そんな時はブリーチをしてしまうのではなく、明るめのカラーの後にカラーをすることで、
ブリーチ程髪に負担をかけずに、理想の髪色になれます!

さらに、デザイン性を高めつつ、ダメージを軽減するなら、ハイライトの後にカラーオンもオススメですよ♪

『マーメイドアッシュなボブ』

 

 

カラーオンカラー(ノンブリーチ)¥10500〜

カット¥5250

パーマ¥7875〜

ヘアスタイルのご相談、ご要望はソエタまで♪

Bookmark this on Yahoo Bookmark
このエントリーをはてなブックマークに追加